助産師の求人サイトを上手に活用しよう!

助産師の求人を効率よく探すには?

助産師の求人サイトを上手に活用しよう!



助産師は国家資格ですし、女性にとっては長く続けることができる 仕事です。やりがいもあるし素晴らしい仕事のひとつでしょう。

その反面、出産に対応しますから不規則な勤務でもあり激務とも いえます。新しい命をこの世に送り出すお手伝いができて自分自身にも 喜びと感動をもらえるのが助産師です。

ここでは、助産師の求人状況と勤務先の状況について説明いたします。

他の業種と異なり、助産師の求人状況は好調です。

助産師を求める需要は高い水準にあり仕事を探す場合でも困ることは ほとんどなく、どちらかといえば「売り手市場」で有利になります。 助産師転職を考えている方は、下記のサイトが参考になります。

求人募集があるところは「病院」「診療所」「助産施設」「保健所」 「保健センター」「母子健康センター」があります。結婚や出産で一度 退職している潜在的助産師が、子育ても一段落して再び助産師としての 仕事を探す場合も多いでしょう。

復職する人たちにも求人募集先は潤沢に用意されています。 「保健所」や「公的医療機関」に就職できた場合には公務員になること もできるので待遇面では有利ではないでしょうか。

助産師の資格は専門性が高いので医療に関連する高度なスキルと知識が 要求されます。だから助産師の資格を持っている人を求人募集先は 積極的に採用する傾向がみられ就職率も高水準になっています。

けれども冒頭でも述べたように赤ちゃんが誕生する時間は予想がつかず 日中や夜間を訪わず不規則で当然勤務時間も不規則になってしまうのは 否めません。

個々の勤務先で違いはあるでしょうが「不定期な休日」「2交代制や 3交代制の勤務シフト」「日勤・夜勤も当然の状況」で現実問題としては 「体力的には非常にハードな仕事だ」と思います。

また助産師は将来性のある職業とされている一方で、少子化問題が解決され ない限りは助産師のニーズが減少する懸念もあります。

以上、助産師の求人状況と勤務先の状況について説明いたしました。 近頃は病院での助産師不足をカバーするために開業助産院での緊急オペが 必要な際の受け入れ病院として相互に助け合うために助産院と病院が提携を 結んでいるケースも増えてきているようです。

助産師の仕事の概要について

結婚すると多くの女性が経験する事になるのが出産です。出産は新しい生命の誕生という一つの大きなイベントですが、感動を 伴うものでもありますが、そのための準備もまた、しっかりとした体制が必要になります。

そうした妊婦の方の出産を手伝う のが助産師の仕事です。助産師は妊婦の方の出産のサポートをするだけでなく、出産前後の妊婦の方の健康管理も行っていき ます。出産を控えた女性は身体的にも精神的にも不安定になるため、そのサポートを行う役割を担います。

助産師は看護師の上位の資格と位置づけられています。看護師の技術や医療的知識をベースに、女性の出産に関する様々な技術が 追加で必要になります。高度な技術もあるため助産師は看護師とは別で助産師の資格が設けられており、取得する事で病院の 産婦人科などで働く事ができるようになります。

また、現状助産師は女性だけがなる事ができます。看護師は男性の方もいま すが、出産は女性特有のもので女性同士の方が気持ちが分かりやすいという事で今の体制になっています。

基本的な仕事は前述のように、出産に立ち会い、妊婦の方が赤ちゃんをきちんと出産できるように介助を行っていきます。出産は ある程度の時期は予測できるものの、陣痛が始まるタイミングを正確に知る事は難しく、急に陣痛が始まった場合は緊急で対応 する必要がある場合もあります。

そのため呼び出しなどがあったり、夜通しで仕事をするという場合もあり、助産師の方にも 体力的な負担がかかりやすい仕事です。大変さもありますがやりがいも大きな仕事で使命感を持って取り組んでいる方も多いです。

助産師の方が勤務する職場は病院や診療所がほとんどとなっています。夜勤や残業などもあるため、比較的長時間勤務になり やすい仕事のため、検討する際にはやりがいだけでなく条件面やあなたの体力的なキャパも頭に入れながら検討すると良いで しょう。

看護師の方も夜勤などで忙しく収入は比較的高めになりやすい仕事ですが助産師の方も収入は比較的高めになりやすく、 やりがいのある仕事で収入もそれに見合ったものが得やすくなっています。

助産師になるための勉強や就職の流れ

助産師になるには助産師の資格を取得する事が必要となります。助産師の資格は看護師の資格がベースとなっており、看護師 資格を取得した方が助産師の取得する権利を持つ事になります。

最もスムーズなのは、大学の看護学部で勉強して看護師と 助産師の資格の試験を同時期に受験し、合格するという方法です。高校卒業から大学卒業までの4年間の期間と試験に合格すれば 助産師になる事ができるので最もスムーズです。助産師になるための勉強ができるかは大学によって異なるため、確認が必要です。

また、もう一つ同じくらいの期間で済む方法としては、一旦看護師の資格を取得し、その後助産師養成学校で1年間勉強をした 後に助産師の資格を取得するという方法です。

この場合は看護師の専門学校や短大などで3年間で看護士になるための勉強が できるため、まずはそこで看護師としての仕事ができるようになります。看護師として一度仕事に就き、その後助産師を目指し たいという方はこの道を選ぶ事をお勧めします。

ただし、助産師の養成学校は一年という短期間で助産師になるために必要な項目を学び、実習もあるため、期間中はとても忙しく 大変です。授業を受けるだけでもかなりの量になりますが、それに加えて試験や課題、実習があり、最後は国家試験のための対策 も行う必要があります。

仕事をしながら助産師の勉強をする事は難しいので、1年間は勉強に集中する期間として時間を確保する 事をお勧めします。

助産師の資格を取得したら、そこから産婦人科などへの就職活動を始めます。養成学校などでは仕事の斡旋などを行ってくれる 所もあるので相談してみるのも良いですし、転職サイトなどでも比較的求人を見つける事ができます。看護師業界は人手不足に 陥っていますが、助産師もまだまだ数は足りていない状況です。

そのため、比較的経験が浅い方でも採用されやすい傾向にある ため、積極的に応募していきましょう。採用になれば晴れて助産師としての仕事ができるようになります。